離島にいる診療看護師のブログ

primary care NPとして離島での道を開拓する

COVID-19ワクチンでも話題 アナフィラキシーショックと抗ヒスタミン薬①

アナフィラキシーショック

Ⅰ型アレルギーを主とする即時型過敏反応で、ヒスタミンが遊離されることによって起こるショック状態をいう。血液分布異常性ショックの1つ

f:id:nurseandnurse:20210709053649j:image

COVID-19ワクチンでも散々ニュースに取り上げられており、もはや家庭医学用語レベルに浸透している

 

今回は、アナフィラキシーショックの対応について復習

 

【誘因】

アナフィラキシー

IgE抗体を介する免疫学的抗原・抗体反応(2回目以降に強く起こる)

・特に抗菌薬 そば(食べ物) 虫刺症 輸血

 

アナフィラキシー様反応

原因物質が直接補体を活性化して起きる(初回曝露から発症)

造影剤 NSAIDs

 

病態としては、

『全身に血管透過性亢進による浮腫が生じている状態』

内因性ヒスタミンが大量に分泌され、様々な症状を生じる

時間にして、《数秒~30秒以内》

 

血管拡張し血圧低下

血管透過性が亢進し循環血液量が低下し血圧低下

         全身浮腫

         喉頭浮腫にて気道狭窄

気管支平滑筋が収縮し気道閉塞

 

特に気道狭窄による呼吸困難が怖い!

早期に生じ、致死的

stridorやwheezingが聴取

 

治療としては、

気道確保 ←気道閉塞

酸素投与 ←肺水腫に対して(人工呼吸)

急速輸液 ←循環血液量の確保

薬物治療 ←アドレナリン

     ←抗ヒスタミン

     ←副腎皮質ホルモン

 

アドレナリンは、cAMPを介してアナフィラキシー反応を抑制する

  0.3mgを大腿外側へ筋注(右大腿がエビデンスあり?)

α1アドレナリン受容体刺激

  • 血管収縮と気道粘膜浮腫抑制

β1アドレナリン受容体刺激

  • 心収縮力増大

β2アドレナリン受容体刺激

  • 気管支拡張が得られるとともに肥満細胞と好塩基球のcAMP産生を増加させて脱顆粒抑制をするためアナフィラキシー反応自身の軽減

 

★β遮断薬内服中は、グルカゴン静注しアドレナリンも筋注

 

ヒスタミン薬について

  • H1 blockerとH2 blockerを併用

使用例:

   ポララミン注5mg 1A

   ファモチジン静注20mg 1A

   生食100ml  に溶いてdrip

 

続き 抗ヒスタミンの作用については こちら

 

 

www.rito-np.com

 

 

www.rito-np.com

www.rito-np.com

www.rito-np.com

 

 

www.rito-np.com

www.rito-np.com

www.rito-np.com

www.rito-np.com

www.rito-np.com

www.rito-np.com

www.rito-np.com

www.rito-np.com